スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将来のための覚書:退職後の税金など

ニート生活になったときのための覚書

(あくまでも、今の法制度の中での話しだが)

会社を辞めた後の所得が不動産所得だけになる
今は800万以上の収入だが、家賃の減額など考慮して700万として計算してみる
債務(利子分含め)や管理費などを支払うと残りは300万ぐらいだろう

一方、収入から経費・支払い利子など諸々を引くと、
所得としては最大で500万
ぐらいになるだろうか・・・
今後家賃の値下げなどを考慮するとこれが最高額として妥当だろう・・・

まず、この所得の扱いだが、個人の自営ということになり
標準報酬月額の基準にはならない
つまり、老後、これによって年金支給額が減ることはない

まぁ、年金のことはずーーーっと先だから分からんけど

いくらぐらいの税金とかが必要か
国民健康保険・・・・・・・・・・・・・・最大の50万程度(年)
当然、国民年金も払う必要がある・・・25万程度(今の1.6万弱から年々増額されていくことも考慮して)
固定資産税・・・・・・・・・・・・・・・35万程度
所得税・・・・・・・・・・・・・・・・・・100万(20%で計算)
住民税・・・・・・・・・・・・・・・・・・50万(10%で計算)
修繕積立・・・・・・・・・・・・・・・・60万(月5万積立)
-------------------------------------------------------
合計支出               320万
残金(300万)からひくと      ?20万


うwぁ、赤字だぁぁぁあああ
まぁ、年金・保険払うんだから当たり前か

結構厳しいなぁ・・・
まだまだ稼がないといけないわけだ
まぁ、手元の資産を切り崩せば、何とか生きていけるのかもな
資産では1ヶ月20万円分は確保してある
実家の保守や固定資産税などで月5万と光熱費負担3万を家に入れる
上記の?20万の赤字分として月2万を差し引いても
残り10万は使えるわけだ
実家で暮らせば全然余裕か・・・


ちなみに債務がなくなった後の計算だと
家賃収入が600万ぐらいと低めに想定してみる
ローンとか無いわけだから、管理費程度を引くと500万は残る
所得としては同じく500万として、同程度の税金などが必要と想定すると
(そのとき年金を払う必要があるかどうかは分からんが・・)
差し引き180万が残るということか
月15万だな・・・・
当たり前だけど、ローンが無ければ今の資産とあわせれば余裕か

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。